変化が多い女性のライフステージ

男性と女性のライフステージは、日本においては大きく異るケースが多いです。男性は定年まで働くことが是とされ、早期リタイアをしたり結婚を機に家庭に入るという人は少ないです。

一方女性の場合は定年まで働き通すという人はまだ少なく、結婚や出産を機に一時的退職や休職、育児休暇を取ってキャリアをストップさせる人が多くいます。そのように男性に比べてライフステージの変化の幅が大きく、自分の働き方はどうあるべきなのか、また結婚や出産はしなくていいのか、どのタイミングがタイムリミットなのか、女の幸せとはなにかなど、外的な要因で仕事悩みを持つ人が男性より多い傾向にあります。

男性の場合は職場での立ち回り方や出世、もしくはキャリアアップや同僚との比較、上司との関係など職場での要因が仕事の悩みになりますが、女の人の場合はまた異なっているのが特徴です。特に結婚をしたら今でも退職を迫るような圧力があったり、出産して育児休暇を取得できる精度が形骸化していて、事実上退職するしかないという様々なハラスメントが横行している職場が問題になっています。キャリアを高めたいと思っても、子どもを生むこととの両立が難しい現状もあります。

また結婚して退職したものの、離婚して子どもを育てなくてはいけないのになかなか就職ができないシングルマザーやその経済的な事情も問題になっています。少子化に悩む日本ですが、こういった女性特有の仕事に関する悩みを解決することがなによりの対策でしょう。早急に女性が生きやすい世の中を作るべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です