女性によくあるセクハラの悩み

女性特有の仕事の悩みにセクハラが挙げられます。どのような職場にも男性がほぼ存在していますから、こうした被害に悩む女性も出てくるのです。

セクハラをしてくる加害者が上司である場合、なかなか同僚に相談できないものです。そうした場合は外部機関を利用して、まずは社外の人達に相談してみましょう。事態が悪質であれば法的に訴える必要がありますので、家族と相談の上で動く事が大切になります。また、このような形で動いた場合これまで続けていた仕事を辞めざるを得ない場合がありますから、法的に動くと決めた時点で次の職場を探す事も大切です。

セクハラの悩みを抱えた場合、証拠を握る事は何よりも重要です。これは法的措置に動かないで同僚や後輩のセクハラを上司に訴える場合でも掴んでおきたいものです。セクハラ被害を上司に上げた際に加害者本人から否定されてしまった場合、逆に女性が窮地に立たされるのです。もしも物的証拠が得られない場合、セクハラの目撃者を作っておくと良いでしょう。こうした問題は同じ社内に理解している人間がいるはずですから、まずはその人に相談した上で動く事が肝心です。

セクハラの仕事悩みを目撃している第三者が協力してくれない場合、ボイスレコーダーを購入して自ら証拠を作るとよいでしょう。ボイスレコーダーを購入すれば音声を録るだけでセクハラの事実を記録する事ができます。もしも直属の上司がセクハラ対策に動いてくれない場合、人事部に問題を上げてみるのも一つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です